高山 傑さんご紹介~"自然王国コスタリカへようこそ"寄贈のワケ~

高山 傑さん自画像このたび、「自然王国コスタリカへようこそ」というHPを主催されて

おられた高山傑さんから、HPまるごとの情報を寄贈していただき

ました。ということで、高山さんのご紹介とその理由について

カキカキしてみました!!

続きを読む "高山 傑さんご紹介~"自然王国コスタリカへようこそ"寄贈のワケ~"

国際貢献NGOフェア・コスタリカパネル展

2008コスタリカパネル全体像国際貢献NGOフェアが国際交流センターで開催されています。
3/14-3/20はコスタリカ週間

コスタリカ見聞(1989.4.8~1991.3.12)  山田羊平 2007.10記

AICCO会員の山田羊平氏は1989年から1991年にかけてコスタリカの日本人学校の校長を務められました。当時のコスタリカの様子を回想した見聞録を執筆されたので、ここでご紹介したいと思います。コスタリカの様子が伝わってきますよ。(各項目のタイトルは事務局のほうで便宜的に付け加えたものです。)

  1. サンホセ  「キリストの父サン(聖人)ヨセフ」
  2. トイレ事情  「トイレットペーパーを流さない国コスタリカ」
  3. 交通事情  「運転に気を抜けない道路の穴」
  4. 車  「文部大臣の車に激突・・・裁判所へ」
  5. 買い物  「拳銃を持った警備員の立つ店」
  6. コーヒー  「コーヒーにかけた輸出税で作ったパリのオペラ座を模した国立劇場」
  7. 宗教  「セマナサンタ 十字架を背負いゴルゴダの丘へ」
  8. 文化  「1000年前の直径1.5mの謎の石の球」
  9. 教育  「『平和で民主主義の国である』ことを誇りに思っている児童」
  10. スポーツ  「歓迎の人で埋め尽くされ一般車両が通れなくなった祝賀パレード」
  11. 医療事情  「胃カメラ(日本のオリンパス製)を飲んだ」
  12. 日本・岡山の認識  「日本文化月間にはスペイン語字幕の日本映画鑑賞会や、、、」
  13. その他  「午後10時頃セントロのバス乗り場まで安全に歩け帰宅できたよき時代」
  14. 帰国後  「日本文化が少しずつ浸透している」



続きを読む "コスタリカ見聞(1989.4.8~1991.3.12)  山田羊平 2007.10記"