,

コスタリカ ポアス地震情報 続報

コスタリカ ポアス地震情報 続報

今回市民訪問団より一足早くコスタリカに現地入りする方が 
地震被害の状況を視察に行かれることになりました。

また 帰国後報告をしてくださることと思います。

現地で その方の通訳をしてくれるオスカル君から以下のような情報も届いています。
Some roads are still closed, but I think she can see some affected houses
and churches. On the other hand, the refugees' camp is accessible to anyone,
so she could go anytime. I think that the people living there would be glad
to meet her.

Most of the rescue activities are already over, but I think she can
interview people from the Red Cross and ask them about their work. There are
also many other groups helping people in the affected areas, so she could
talk to them, as well.

Right now, a campaign called "A roof for my country" is being held in Costa
Rica.

They are planning to build 200 provisional houses for the people living in
tents.

Each house costs around US$1000 and many private companies are donating.

Their goal is to have enough money for 200 houses, but they have only
collected money for 97 of them, so there is a long way to go, yet.

I think it is a very good way to help.



I am really glad to hear that you are so interested in helping our people.
I truly hope that people in Okayama can cooperate, too.

いつもコスタリカ人と心を込めて協力してありがとうございます。

感謝しています。

-Oscar-



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



「今回の悲しい出来事で、私たちが反省し、認識を新たにし、行動を改めてもらいたいものです。自然への畏敬を私たちの文化の一部にしてもらいたいものです。そうするのは私たち次第です。」
(R.ガメスコスタリカ生物多様性研究所INBio理事長が2009年1月のEl Financiero紙のコラム欄へ投稿記事:城殿仮訳) にっぽんこどものジャングルブログより

にっぽんこどものジャングルさんのブログに現地からの報告が詳しく載っていますよ。

※にっぽんこどものジャングル(詳細)は 1989年に発足し、熱帯林の保護活動に取り組む団体です。事務所は長野県にあり、中米コスタリカを中心に現地の熱帯林保護活動を、さまざまなかたちで支援しています。特にモンテベルデにある「エターナルフォレスト・フォー・チルドレン」の保護や土地の買い取り(ナショナル・トラスト運動)などに力をいれています。