「FUENTE DE VIDA」2007年5月号 番組コンテンツ

MENU DEL FUENTE DE VIDA

モバイル版有1. フォルクローレバンド「PUNTA PUNTA」登場!

モバイル版有2. 日本大使館 金子夏枝文化担当官

モバイル版無3. WE LOVE COSTA RICA マイラ・クラベリアさん

モバイル版無4. AICCO会員募集中!5月のキャンペーンクイズ

モバイル版無5. MAE と MAGE

モバイル版無6. モンテベルデに潜入

モバイル版無7. リクレーションのススメ

モバイル版無8. モンテベルデ保護センターのメルセデスよりメッセージ

モバイル版無9. RISTO君よりコスタリカの紹介

モバイル版有10. MONTAN~Aのメルビン・スティーブンソンさんより一言

 

【コンテンツ詳細】

 

1. フォルクローレバンド「PUNTA PUNTA」登場!

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号001

サンホセの歩行者天国「ブレバル」通りでギターの生演奏をしている「プンタ・プンタ」

コスタリカだけでなくラテンアメリカのフォルクローレを得意とする。

 

2. 日本大使館 金子夏枝文化担当官

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号002

若くてかわいらしい方でした。コスタリカの地図をバックに。

コスタリカ滞在中、困ったときには大使館へ 232-1255

 

3. WE LOVE COSTA RICA マイラ・クラベリアさん

WE LOCE COSTA RICAのWEB

コスタリカに旅行に来たついでに、不動産物件を回って帰るのもいいですね。物件回りツアーも手配してくれますし、オススメのホテルも紹介してくれます。

コスタリカの不動産購入をお考えの方、生活するのにも、投資対象としても魅力的なコスタリカです。WE LOVE COSTA RICAの代表SCOTTさんは「コスタリカの不動産を損をせずに買う方法」という本を出されています。その本から抜粋されているヒントの一部ですが日本語訳しています。(コスタリカ不動産選び-4つの壁

個人的なことで恐縮ですが、TACAQUITOのビジネスパートナーです。もちろん直接マイラさんまで連絡を取っていただけばいいのですが、日本語でのコスタリカの不動産情報・不動産取引のサポートを希望される方はTACAQUITOまでお問い合わせ下さい。

 

4. AICCO会員募集中!5月のキャンペーンクイズ

会員についての詳細はこちらにて。

5月のクイズはコスタリカのナチュラルジュースに関わる問題です。

今回のクイズを制するものはコスタリカ通!!かなり難しいゾ

 

5. MAE と MAGE

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号003

カルロスとリリアナ

霧でかすんでまったく見えないポアス火山の噴火口をバックに

 

マヘは間抜け。マエはあいさつする人に「よぉ、アミーゴ」という感じでポピュラーなあいさつ言葉だよ。だけど、コスタリカだけじゃなく、ニカラグアでもたくさん使われているよ。

マエは気のおける人の間で使うものよ。

そうだね、ふつうは友達同士の間で使われているよ。男同士のね。

 

マエはどのように使うの?

"Pura vida, mae!"

"Que mae! que me cuenta?"

オラ(HOLA)!ってあいさつするかわりにマエと使うんだよ。

あなたもマエを使う?

え、使わないわよ!!気をつけて。気の知れた仲間うちでしか使わないように。

 

6. モンテベルデに潜入

熱帯雲霧林のカミナタ登場人物

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号004

平均年齢40を過ぎたグループ。中年だって元気いっぱいコスタリセンセ。

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号005

モンテベルデの主、ウィルフォード氏。膝の手術をしてもなお森を歩き続ける。

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号006

一日目の宿泊施設アルベルゲ

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号007

ルイス氏とウィルフォード氏

ウィルフォードの自然保護スピリットを引き継いで次世代のモンテベルデ保護区のリーダーとされるメンテナンスクルーのルイス。すごい力持ちの食いしん坊。

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号008

3日目の寝床、森の王様のベッド。

バナナの皮をしいて下から水がしみこんでくることをしのぐ。

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号009

アルベルゲのありがたさに気づく、雨の中のキャンプ。

夜遅くまで談笑したり、エコツーリズム談義などで話の花が咲く。

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号010

モンテベルデのエコツーリズムを世界に知らしめた幻の鳥ケツァール

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号011

モンテベルデの町の中に敷かれている舗装道路の工事の様子。

この写真を数十年後に振り返って、この決断がよかったのか、振り返るターニングポイントになるだろうとメルセデス。

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号012

人間社会と裏腹に幻想的な森の中

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号013

静かだけれども確かな息吹

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号014

このトレイルを作ったときに大きすぎて倒せなかった木。

今も成長し続ける森のダイナミクス。森は生きている!

バイオディバーシティ(生物多様性)が森を作っている。

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号015

雨の中のキャンプは大変

泥だらけになったズボン、汗と雨で体が濡れて寒いのでコーヒーを飲んで体を温めるのがコスタリカ流。雨が降っていて乾いた木もないし、第一保護区なのでたき火を焚けない。

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号016

森の中のタランチュラが目の前を歩く

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号017

森の中にひっそりと息づく蘭の原種。

誰も見てくれるわけではないけど。

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号018

木の股から顔をのぞかせる、おちゃめなメルセデス。

熱帯雲霧林の木には苔がびっしり。

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号019

彼の生き様からいろいろと教えられました。

人並み外れた力がいるわけじゃないんだ!

自分に与えられている力で目標をもってマイペースで楽しみながら人生のゴールを目指そうぜ!パッションだぁ

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号020

モンテベルデからアレナルへ抜けるカミナタルート。

山道を歩くのはガイドか地図がいる。

人生も適当に歩んでていいんだろうか?

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号021

ミニ・サバイバル体験を終えてすっきり顔で輝くメンバー

 

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号022

アレナルのふもとのロッジに到着。

向こうに見えているのはアレナル火山。

 

モンテベルデのカミナタ、ちゃれんじんぐだけどオススメ!

 

7. リクレーションのススメ

創造主-CREATOR

被造物-CREATION

創造主と被造物が出会い創りかえられる場-RECREATION

 

コスタリカ旅行の醍醐味

 

大自然の中で気持ちがリフレッシュされ心が解放されて、ゆっくり自分や自分の回りの環境を振り返り見つめなおす時間を取ることができる。リッチモーメントだ。

 

8. モンテベルデ保護センターのメルセデスよりメッセージ

わたしはモンテベルデの保護センターで14年勤めていて、環境教育プログラムを担当しています。わたしたちの国の生物多様性が作り出す自然について、また環境問題について子どもたちに教えています。子どもたちがわたしたちの自然を愛するように、また大切にすることができるように。

 

《子どもたちは森の中で何を見ることができますか?》

まず、雲霧林ですね。世界でもあまりみない生態系です。それから生物多様性ですね。鳥の種の豊富さ、3,000ヘクタールある保護区に400種以上が見られます。それから動物の種も。

 

《モンテベルデの保護区を訪れる人に対して、モンテベルデはどのようなメッセージをもっているのでしょう?》

ずばり、モンテベルデの保護区が持っているものそのものです。ここのサイトは心の落ち着く場所です。リフレッシュさせて(疲れを取って)くれます。

 

9. RISTO君よりコスタリカの紹介

コスタリカは美しいところだよ。小さい国なので、ちょっとした時間でいろんなところを見て回れるよ。コスタリカで好きなところは、中心地、サンホセ。文化的な、歴史的な施設がたくさんあるから。サッカーをしているんだけど、サッカー好きの子どもを持つお父さん・お母さん、ここにはサッカー教室もたくさんあるよ。日本でプレイしているパウロ・ワン・チョップというコスタリカ出身のサッカー選手がいるけど、コスタリカでもベスト選手の一人だよ。

 

10. MONTAN~Aのメルビン・スティーブンソンさんより一言

こんにちは。メルビン・スティーブンソンです。コスタリカに移ってきて11年です。わたちはとても美しいプロジェクト(不動産物件)をもっています。オーシャンビューの家を建てるという分譲区です。いろんな人がこの国に来て見て回って欲しいと思いますね。本当にこの国はパラダイスですから。

モンターニャさんのウェブサイトはこちら。日本語でのコスタリカの不動産情報・不動産取引のサポートを希望される方はTACAQUITOまでお問い合わせ下さい。

 

【いかがでしたか?感想・リクエストなど、どしどしお寄せ下さい!】

「FUENTE DE VIDA」2007年5月号023

収録中のTACAQUITO

 

昼間はいろいろな雑音が多いので人も小鳥さんも寝静まった夜中に

(しかし3時から鳴き始めて、普段は睡眠妨害、ラジオ収録時には騒音妨害という、このジグゥイーロという国鳥にはときどきけんかを売りたくなります。)

ではまた来月!JUNIOにお会いできることを楽しみにしています。

PURA VIDA !!